'."\n" ?> 中古車購入のメリットとデメリット

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

中古車購入は慎重に

車を購入するとき、大きく分けて2つの選択肢があります。

それは、新車を購入するのと、中古車を購入するという選択肢です。


どちらの選択肢を選ぶとしても、一長一短があります。


そこでここでは、中古車を買うことについてのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

まずはメリットです。


何といっても中古車のメリットとして、安さをあげないわけには行きません。 新車と比べても、その安さは飛びぬけております。


特に最近の車は、非常に壊れにくくなっております。
一昔前でしたら、中古の車を購入するならば、トラブルは避けて通れないものでした。
しかし、現在では中古の車を購入したとしても、トラブルが頻発するといったことはあまり見られません。


また、自分の欲しい車があるというのもメリットでしょう。


車を欲しい人にとって、必ずしも最新モデルが「ほしい車」というわけではありません。
子供の頃憧れていたあの車を、社会人になった今購入したい、と考えている人もいます。


しかし、最近では車のモデルチェンジのサイクルも早く、そんな車が製造中止の憂き目にあっている可能性も。 そうなると、憧れのあの車をディーラーで購入することは出来ません。 おのずと、中古の車がその憧れの車ということになります。


しかし、中古車を購入するというのは、メリットばかりではありません。 デメリットもあります。


まずは、トラブルの可能性です。


前述したように、一昔前から比べると中古の車のトラブルは減少してきましたが、それでも新車と比べるとその可能性は高くなります。


中古の車といっても、20000キロや30000キロといった程度では、まだトラブルはさほどでません。 しかし、50000キロを越えたあたりからトラブルがちょこちょこ出始めます。 100000キロになると、タイミングベルト装着車はベルトを交換しなければなりません。


車両購入価格は安かったとしても、その後のメンテナンス費用が結構高くつく場合もあるのです。


そしてもうひとつのデメリットとして挙げられるのが、中古車だと自分の希望する車を購入できないということです。


前述したのは、あくまでもほしい車が製造中止になっている場合ですが、現行モデルの場合ですと少し勝手が異なります。


最近では、メーカーオプションというものが結構あります。 メーカーオプションを後付しようと思っても、それは不可能なこと。 中古でそれがついている車を探すのも、結構大変です。